車種やメーカーによる車検コストの違い

###Site Name###

車を所有するにあたっては、様々なコストが発生します。

そもそも、車は高額な商品です。

現在では、より安い車が売れ筋となる傾向が続いています。



そして、各種税金や日頃のガソリン代、保険料や車検代など、コストのかかるものが多くあります。
税金は、購入時の重量税や取得税にはじまり、毎年自動車税が徴収されます。


ハイブリッドカーのような低燃費の車であれば、購入時の税金が軽減される措置もあり、あるいは通常のガソリン代も安くなるため、新車の主流になりつつあります。

また、同様の理由で軽自動車も売れています。

普通自動車と軽自動車の維持費の違いで大きなものは、車検時の税金や車検代そのものであると言えます。



車検については、新車で購入すれば最初は3年後、その後は2年ごとに必ずやってきます。


そのため、車検の費用が安く抑えられれば、維持費を安くすることに大きく貢献することとなります。



一般的に、車検時にかかる費用は、税金など排気量によって定められているものと、点検費用および修理交換時に発生する部品代などで構成されています。



そのため、低排気量の車にすれば、税金などを安く抑えることができます。

国産車であれば、工賃や部品代などは大きく変わることはありません。
しかし、輸入車は国産車よりも車検時の費用が高額になるのが普通です。

日本に輸入されている台数によって、工賃などに差があります。


より多く日本で普及している海外メーカーであれば、国産車との費用の差がそれほど大きくなりません。

一方、普及台数が少なくなれば、車検時の費用がかなり高額となります。そもそも、部品代が高額である場合が多く見られます。


輸入車を購入する人は、金銭面で余裕がある人が多かったり、車に対する興味が強く、一般的な人よりも車に費用をかけることを厭わないという傾向があるため、維持費が高くてもそれを受け入れるという背景もあります。

いずれにしても、車検時の費用というものは、特にメーカーによる差があると言えます。



http://www.taxi-chiba.jp/
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%BF%E3%82%AF%E3%82%B7%E3%83%BC
http://www.izu-oshima.or.jp/work/tax/


PAGE TOP