自動車車検に対しては最近のTVCMでも

###Site Name###

自動車車検の内容や、その費用に関しては、最近のTVCMでも取り上げられる等なにかと話題になっておりますが、車検を通すためには、最低限、自賠責保険(受検の際に期限が有効のもの)と納税証明書が必要で、更に、車検所得時には自動車重量税が掛かります。

車検の整備内容につきましては、内部検査項目として①サイドスリップ=かじ取り車輪整列(横滑り検査)、②フットブレーキ検査=ブレーキが確実に利くか否か/ブレーキパッドの摩耗状況、③パーキングブレーキ検査、④スピード検査=速度計の精度、⑤排ガス検査=排ガス濃度の基準値測定等があり、外部検査項目としては、①ライト類、②方向指示器とハザード、③ワイパーとウォシャヤーノズル、④運転席からの各種警告灯、⑤その他=タイヤの溝、ガラスのひび等があり、更に下回り検査項目として、①オイル漏れ、②ゴムブーツ類の破れ、破損=ドライブシャフトブーツ、ステアリングブーツ、タイロッドエンドブーツ、③マフラーの穴、錆等が挙げられます。

そのため、車をリフトアップしなければ点検出来ない場所もあり、更に、排ガス濃度は専用の機器がなければ測定が出来ません。

極端な話、個人経営の小さな整備工場で、経営者と大変親しい場合、タイヤやブレーキパッドの摩耗等は「わかった、近いうちに交換するから・・・」との口約束で見逃してもらい、車検を通すことは可能かも知れません。
しかしながら、それは欠陥車を運転することになり、仮にそれが原因で事故を起こした場合、車の所有者はもちろん、当該整備工場も違反の対象となります。
特に最近の自動車は確かに壊れなく丈夫になりましたが、反面、機械制御より電子制御が多くなり、電子機器の知識がなければ対応出来なくなってきています。

更に、最新の車でも、リコール対象になっている例もあり、本来はその自動車のオーナーにリコールの直接連絡が行くようになっていますが、そのオーナーがリコール対応を受けないまま、中古車市場に流れる車もないとは言えない状況です。


このように、現在の自動車のメカニズムや流通経路の複雑化を勘案しますと、その自動車のメーカーないしは、メーカー系ディラーでの車検取得が一番安心と言えるのではないでしょうか。

http://www.kojintaxi-tokyo.or.jp/
http://www.aitakyo.com/
http://kosodate-taxi.com/











PAGE TOP