12回目の車検が終了しました

###Site Name###

愛車は新車登録から四半世紀乗り続けた車です。走行距離は65万キロを突破しました。
一般論では、自家用車は10年10万キロと言われています。
しかし機械というモノはきちんとメンテナンスすれば、ほぼ永久に乗り続けることができるのです。
別にだましだまし乗っているわけではありません。愛車の助手席に友人が同乗するときもありますが、皆愛車のコンディションに驚きます。

新車から5万キロ程度のコンディションを維持しているのです。

特別な事はなにもしていません。

クルマは1000点の部品で形成されています。
そのうち経年劣化する部品や走行距離で消耗する部品を定期的に交換しているだけです。
もちろんエンジンやミッションも部品のひとつとして扱っています。

多くの人が部品にお金がかかるのではといいます。

しかし最近は法律でクルマを処分するのにお金がかかる時代です。

インターネットつながりで同一車種を乗っている人とのネットワークがあります。

その同一車種に乗っている人が愛車を手放すときに私に車一台丸ごと無料でもらえるのです。

もちろん廃車手続きは私で行います。
このようにして私はタダ同然でクルマ一台分の部品を手に入れているのです。

しかも3台分の部品を持っています。

車検のときの部品交換では、新品に変えなくてはいけない部品と中古流用で構わない部品をきちんと使い分けています。


その結果、驚く程安価で車検を迎えることができます。
部品代が無料で技術料のみを上乗せして車検代を支払っているだけなのです。

今回の車検では、パワステのラックとポンプを交換しました。
新品部品だと2つ合わせて23万円もする部品です。

予備のラックとポンプをリビルト品とオーバーホール品で交換したので6万円で済みました。


今回の車検費用の合計は26万円です。


これを高いと思うか安いと思うかです。

たった26万円で公道を2年間走行できます。

最近のペースでは2年間で5万キロ走破します。

次の車検は走行70万キロ程度で迎えるでしょう。

http://www.tokyo-tc.or.jp/index.cfm
http://aomoriken-taxi.chu.jp/
http://www.osaka-tc.or.jp/











PAGE TOP