自動車の空気圧を計った後に気付いたこと

###Site Name###

所有している自動車は、全ての部分において常に整備を施しており、かなり大切に乗り続けています。

走行距離数が10万キロメートルを大きく超えた古い自動車ですが、これまで、かなりのお金を掛けてドレスアップや整備を行っています。

日常的に自分で行うメンテナンスの一つには、タイヤの空気圧の点検作業があります。
タイヤの空気圧に関しては、走行距離の他に自然的に空気が抜けることもあるために、一定の期間ごとに点検を行うことが良い方法になります。自身の場合では最低でも3ヶ月に1度は行っており、常に良好な状態で走行できるように施しています。


少し前に空気圧の点検を行ったのは、居住している住宅街の近くに存在しているガソリンスタンドです。


このガソリンスタンドでは、スタンド型の大きな空気圧計を設置しており、基本的に自由に使用することができます。

自身の場合では既にスタッフと顔馴染みになっているので、一声かけてから利用しています。実際に空気圧を計測してみると、自動車のタイヤの4本のうち、1本だけが少し減っている状態です。


そのため規定の数値になるまで空気を入れて、作業は終了しましたが、数日後に自宅で洗車をしていた時に、空気を入れる部分に付いているキャップが無くなっていることに気付きました。

直ぐにガソリンスタンドに行き、その旨を伝えたのですが、置き忘れたキャップは既に清掃されており、見つけることができませんでした。
そのため、近所にある中古の自動車パーツを販売している店舗に行くと、4つのキャップをセットで200円でお得に購入することができたために、無事に解決をしています。


http://www.tokyo-tc.or.jp/index.cfm
http://kosodate-taxi.com/
http://www.izu-oshima.or.jp/work/tax/

livedoorニュースの様々な情報を掲載しています。

待望のトルコリラに関しての関心度が高まっています。







PAGE TOP